ZMPと凸版印刷、ロボ×ICタグで無人棚卸のデモンストレーション映像

ZMPは、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」と、自動運転制御開発車両プラットフォーム(RoboCarプラットフォーム)を連携させ、倉庫や工場内で無人での隊列搬送を実現する取り組みを開始しました。 本取り組みの第一弾として、凸版印刷株式会社と共同で、「RoboCar 1/10」の後を無人で自動追従する「CarriRo」とRFIDを組み合わせた無人棚卸ソリューションを開発、その進捗状況を2017 年9 月13 日(水)から15 日(金)に開催される「第19 回自動認識総合展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースにて公開しており、その際のデモ映像となっております。

無人での隊列搬送を実現する取り組みにつきましては
下記、プレスリリースをご確認いただければと思います。
http://www.zmp.co.jp/news/pressrelease_20170912