FX初心者が苦手なファンダメンタルズを簡単に理解しよう(常勝FX龍司)

永井翔と同じトレードが出来る『爆益レシピ』を無料公開中!
お試しどうぞ⇒http://tftm.net/tan/you10
  ↓               ↓              ↓
こんにちは。金融用語アレルギーの龍司です。

今回の動画は『経済指標を簡単に!』というテーマでお話しようと思います。

ただ、今回の動画では各指標については深堀りしないようにしました。

なぜなら、私自身が金融用語について物凄いアレルギー反応を起こしていたから・・・
つまり、私を基準にして経済指標に慣れて行ってもらおうと思ったからです。

過去の私のように、
経済指標があまり解らないから後回しでいいや!

という方はたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

そんな方々でもスムーズに経済指標を見る事が出来、また簡単に理解するには
まずは用語から説明をした方が良いのではないかと思いました。

まぁ、これは私が経済指標が苦手と永井さんに相談した時に提示された方法だったんですけどねww

でもそのおかげで、今では昔ほどの金融用語アレルギーは無くなっています。

それでは解説を行っていきたいと思います。

そもそも金融用語や経済指標って
なぜ難しく感じるのか・・・・・ですが、

あれって金融アナリスト達がワザと難しく言っているのではないかな!っと思います。

やはり、テレビやラジオなどメディアに発信しなければならない訳ですから
≪なんか小難しい事言っているな≫と思われたほうが良いと思っているんでしょうね(笑)

そんなやり方していたら人気なんて出ないのに・・・

その点、池上 彰さんは凄い人気がありますよね。

難しいと思える事でも池上さんは、
誰でも解るようにご説明されますからね!

金融アナリストさん達も池上さんを見習ってもらいたいものです・・・

それでは、そもそも指標とはなんなのか!?ですが、

指標とは『国の健康診断表や成績表』のようなものです。

各国が発表している経済指標を元に

世界中の金融関係者(トレーダーを含む)が

その国の現状を分析しているわけです。

●家計消費支出とは

1カ月間に家計がどの程度の消費活動を行ったかを示す数値です。

まぁ、その国の経済が今現在潤っているのかどうか、、、ですね!

●完全失業率とは

調査期間中に就職活動を行っているが仕事に就けない人の数値です。
※就職活動自体を行っていない人は失業者とはみなされません

その国の企業の力を如実に表しています。
企業の力は国の経済を左右しますので結構重要な指標とも言えます。

●消費者物価指数とは

消費者が購入する物・サービス等の物価の動きを把握する数値です。

この指標は、別名『経済の体温計』と呼ばれ
物価の上昇や下降を数値によって表わしています。

経済指標の中でも結構重要視されていますよ!

通貨にも大きな影響を与える指標なんですが、
私はFXを始めた当初指標とは一体何なのか全く分からず調べることを避けていました。

ニュースやアナリストが使う様な言葉でしたので
きっと難しい言葉なのだろうと思っていたのですが、

見方をシンプルに変えれば、以外と頭に入ってきますね!

今回は家計消費支出、完全失業率、消費者物価指数について簡単にお話させてもらいました。

それでは失礼します。

何かご意見等がありましたらコメント欄やYouTubeフリートークなどにお願い致します。

●YouTube常勝FX動画内においてインターネット上から
画像や解説・ニュース等を引用レベルで使用させて頂いておりますが
もし、問題がお有りの場合は下記アドレスにご連絡を下さい。
迅速にご対応をさせて頂きます。

アドレス:https://常勝fx.com/

●<引用について>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8