D 『キャッシュフロー経営の実践術~経理は裏方で なく、攻めの経営に役立つ存在に。~』 5/6 大和 齊

D-1 CF改善の実践術(切り口)~在庫管理の場合~
  ◆正味運転資金=売上債権+在庫―買入債務
   在庫増↑⇒正味運転資金の増↑ ⇒キャッシュフローの減↓
   ※在庫は、借入金を増やすので『借金箱』とも。
   現場の意識改革で、『借金箱』(在庫)削減の目標管理を。
  
D-2 明快な目標設定は、『キャッシュフローの極大化』が基本。
◆「増産⇒コストダウン⇒利益増⇒在庫増」の連続では、CFが
減少します。 ※ 決算上の利益は、黒字基調である会社を、良く調査すると実はフリー・キャッシュフロー(自由になる銭)が大赤字に
  なっている場合があります。秘密は在庫・設備の投資増による場合がよくあります。
◆ 現場へのどのメッセージが明快でしょうか?  問題は在庫増!
① 『増産してコストを下げて利益を上げよ』(大量購入で仕入単価を下げる場合も同じ。)
② 『減産して利益を減らし、在庫を減らせ』
③『創意工夫してCFの極大化せよ』 ⇒これが好ましい指示です。
◆原価計算(全部原価計算)のからくりを見抜くこと。
   増産⇒コスト安⇒在庫増⇒在庫増⇒CFの増加・・・・・
   ~悪い連鎖から脱出する方策を~