父は多くの不動産を持っており相続対策を行いたいのですが、認知症にならないか心配です。【相続対策ch】ゼロから学ぶ土地と相続の問題編#5

【無料相談】相続対策でこんな間違いをしていませんか?

【無料相談】あなたは不動産を使った相続対策でこんな間違いをしていませんか?

 相続税の納税の為に土地を売却する必要があったり、相続人の間で土地を分ける(分筆する)必要があるのであれば、生前、時間に余裕のある内に土地の測量をしておくようにしましょう。近年は、土地を売却する場合、買主から、売主が隣接地との境界に境界標を明示し、隣接地の所有者とその境界を確認した旨の書面(境界承諾書)を添付した測量図を要求されます。もちろん土地の境界に接している隣地の所有者全員の同意(確認印)が必要となりますが、時折、隣接地の所有者との連絡が取れなかったり、その関係などからこの(確認印)を得ることが難しかったり、非常に時間がかかったりします。土地を売却して相続税を納税する場合、相続が発生してからでは間に合わなくなることがありますので、測量は生前にやっておく事が望ましいでしょう。生前に行えば、被相続人の相続財産を減らすことにもなりますので、相続評価の上でもほんの少し有利です。