大企業とスタートアップ、「新規事業」成功の条件とは?~ストライプインターナショナル・松村映子氏

ウェブ: http://globis.jp/

ストライプインターナショナル取締役・松村氏

グロービス特別セミナー(東京校)
ファッション×テクノベート

大学卒業後、ITコンサルティング会社を経て2011年に1度起業し、その後、2度目の起業となる宅配クリーニングのウェブサービス「BASKET」を立ち上げた松村映子氏。2015年「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナルによって子会社化され、取締役に就任。経歴の半分が「スタートアップ」、半分が「大企業」という経験から、スタートアップと大企業での「新規事業開発」のプロセスの違いなどについて解説する。社会にインパクトを与えられるサービスを起こしたいと考える松村氏と共に、テクノロジー時代におけるファッション業界の新たなサービスについて考える。(肩書きは2017年2月6日登壇当時のもの)

松村 映子
株式会社ストライプインターナショナル 取締役兼CDO グループEC監修兼IT投資開発担当/バスケット株式会社 創業者

GLOBIS知見録
ウェブ: http://globis.jp/
ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP
アプリ: http://yapp.li/go/globis