固定資産の一括償却は青色申告の少額減価償却資産(30万円未満)が対象

http://etax.tokyo/ 青色申告の中小企業者等は、H28/3迄、取得原価30万円未満の減価償却資産を一括損金計上(合計300万円迄)できる。減価償却資産償却は10万円、20万円、30万円の金額基準による違いは下記のとおり。節税のための減価償却規則の確認は、0120—01—6066(窓口山本努/アアクスグループ@豊洲駅前0分(江東区))。
◆ 減価償却の金額区分(整理)
1. 中小企業者対象
取得価額 30万円未満の減価償却資産は、
合計300万円迄全額損金算入(即時償却)。
2. 大企業を含む全企業対象
㋑ 取得価額 20万円未満の減価償却資産は、3年均等償却(残存価額なし)。
㋺ 取得価額 10万円未満の減価償却資産は、全額損金算入(即時償却)。
◆ 会社案内
アアクス堂上税理士事務所(どうがみ)
http://etax.tokyo/ 
・法人税と所得税に強い!
・総合財務会計ソフトは、大手・中堅企業向けにMJSシステムをフル装備しています。
・小規模企業向けには、freee社「クラウド会計」を推奨しています。
 つまり「節税」に強いです!
◆ 税理士プロフィール
堂上孝生(どうがみたかお)
・節税に強いです
・零細起業2000社の社長さん達の支持を得て顧問税理士を務めさせて戴いております。
・「自動経理」推奨を引っ提げて、起業家の経理コストの削減と、良質の税務顧問を提案しております。
・金融税理士アドバイザーで、金融庁認定「認定支援機関」の税理士です。
◆お断り(商標権)
 文中、MJSは株式会社ミロク情報サービス(東証一部上場)の商標権です。
 freeeは、freee株式会社(FinTech大手)の商標権です。
 金融税理士アドバイザーは、株式会社ゼイカイの商標権です。