借入金の返済リスケ資金繰り苦しい悪化に負けない事業再生を応援 東京一番黒字化マイスター

借入金の返済とは借入金・借入金返済は損益計算書には、何処にも出てこない。=費用にならないということ。http://www.zaimukaizen.jp/category/1793236.html
借入金返済は貸借対照表・キャッシュフロー計算書で見られる
借入金返済原資は、税引き後利益と減価償却費(現金の「支払いない経費)からしか出来ない。

よくある誤解として「借入金の返済は経費になって引けて利益が減る」
「借入金返済でお金が無くなればないそでは振れないから税金はかから無い」

損益計算書は認識として発生主義で計算して借入金返済は現金主義であるので1円も黒字で利益無くとも返済する。赤字でも借り入れ金の元本は返済する契約と成っている。

1億円借金をした場合に法人税実効税率40%なら返済期間で1.6億円の最終の儲けを出して返済して事になる。

借入金1億円なら0.6(1-.04)で割返して税引き前当期純利益が1.6億円必要
法人税率等は40%として1.6億円×0.4=0.6億を納税する。
だから税引き後当期純利益 1億円・となりこの返済原資で借入金を返済する。
仮に20年返済なら元本返済は1年間で500万円必要だが、返済原資の税引前利益は0.6割返しの833万円必要で納税が333万円となる。
赤字の会社では返済原資がないから資金繰りは行き詰まる。

平成9年1997年に消費税率を3%から5%に引き上げた後の深刻な不況があった。この表から2%の僅かな増税から
法人税は平成元年19兆円の法人税納税が平成24年では9.8兆円
所得税は平成3年26.7兆円の所得税が平成24年では14兆円に
ここから読み解くと、企業の法人税を納める税引前当期純利益が減少していること個人の事業主など所得が減少している事実が読み取れる。
今回が3%更に2%で5%の消費税増税である。
前回の消費税増税からの不景気から消費税増税対策をしないと生き残れないです。
[PDF]印刷用データ(全ページ:後半) – 財務省
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei_pdf201307/2507_all-2.pdf

なんとしても勝てるニッチな場所・客層・商品サービスで一番に成るために
見栄をはらない いい格好をしない 贅沢しない 慢心しない
趣味や道楽を捨てる。酒を飲まない。ブランドも付けない。
歩く。食物繊維を多く食べる(糖尿病を改善)
(酒・金・女性からのフリー開放)早起きをする。10時に出てこない
誰よりも祝祭日も長時間の労働をする 1年4300時間 365日なら12時間労働
2番は捨てる。誰よりも勉強するため研修会・勉強会へ出る。本を読む。
徹底的に指導サポートします。日時決算も指導サポートします。

その事業計画書や経営計画書を何千件もの成功現場や失敗現場から学んで依頼者さまのお話を 遮らず相槌もうたず徹底的に聞きます。質問や専門的アドバイスは行わずその人生のお話をひたすらお聞きします。誰の何処の専門家より聴きます。漢字は聞くと聴くがありますが 聞くは門に耳 聴くは耳に十の目と心ですがら聴くの方がふさわしいです。とことん聞いてもらえる専門家です。話を聞いて欲しいに応えます。専門家は、意見や自分の知性や経験や業界での地位や事務所の大きさを披露したい人種です。しかし依頼者は、そんなことは関係ないのです。信頼し安心し信用し話を聞いてくれるかです。
ます話を聞いてくれる人間かどうかです。専門家だから依頼していただけるのではありません。そんな戒めをいつも思い出しながら聞き役に徹しております。
債務整理・サラ金過払い・ヤミ金・破産・個人再生・創業・夜逃げ・廃業・倒産危機・競売・資金繰り事業縮小で信頼できる再生リバイバル復活し黒字化できる本物の専門家をお知り合いですか。実現可能な業績回復や黒字化経営改善計画書の復活を応援します
飯田は一番の現場の司法書士の実務や債権債務、さらに再生する創業支援が得意。

〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-2RC3F ベルマン法務事務所
公認会計士・税理士飯田はじめ 経営革新等支援機関 関東経済産業局中小企業課登録 東京地方裁判所民事調停委員推薦体験
http://www.zaimukaizen.jp/category/1793236.html

TEL : 03-3984-2333FAX : 03-3980-1212E-mail : info@bellman-law.jp