「経営の神様」松下幸之助という人間

経営の神様と呼ばれた故・松下幸之助氏。
パナソニックグループの創業者で、PHP研究所創設者。

明治27(1894)年、和歌山県に生まれる。9歳で単身大阪に出て、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電燈株式会社に勤務。大正7(1918)年、23歳で松下電気器具製作所を創業。

昭和21(1946)年には、「Peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を創設。平成元(1989)年に94歳で没。

9歳ででっち奉公のため、まともに学校にも行けず、体も弱かった。「素直な心」「正しい生き方」などを率先垂範し、「経営の神様」と呼ばれ、多くの経営者や人々に今も尊敬され、お手本となっている。

私も尊敬する方のおひとりであり、400万部を売り上げた著書「道をひらく」は、心に勇気と感動を覚え、何度となく涙したのを覚えています。

動画元 http://youtu.be/2SkejuZLkiA

●健康と美容のSHOPのご紹介
http://store.shopping.yahoo.co.jp/taiyousizenkagaku