「世の中の社長って何をしている?」

セミナーズ編集長ブログ http://ceo.seminars.jp/
世の中の社長って何をいったいしているのでしょうか?
社長という仕事、役割、何をするのでしょうか?
何をしないといけないのでしょうか?

世の中には2つのタイプの社長が存在します。

大きく本質的な意味で区分するとしたら、この2つです。

1. オーナー的社長
2. プレーヤー的社長

オーナー的な社長とは
社長としての実務的なことから離れて、会社のオーナーですから所有者として、そして会社の理念・ビジョン・ミッション・価値観を生み出すような、いわゆる
バリューを生み出す会社とはこういうことなんだ
我々の目標はここにあるんだ
お客様にはこういう思いでみんな接して欲しい
こういった

概念を伝えることによって会社に結果をもたらす。

もう一つは、
プレイヤー的社長とは実務を通じて会社を良くしていく

両方を兼ね備えたタイプの社長もいらっしゃいます。

世の中で経営者、社長と言われる人たちがやっていることは、この2つのタイプによって全然違います。

オーナータイプの人がやっていることは何かというと

仕事ではなく、考え事

とにかく、ひたすら考える。
考えることこそが、実は仕事。
いつも、ボーっとしている。しかもどこにいるのか分からない。
というような社長は、一番大変な仕事なのです。

作業していたら、楽です。
作業をしていたら、考えなくてすみますから。
考えるというのは、ものすごくエネルギーを使います。
それを何とか、鼓舞して考え続ける。
これが1つの仕事です。

もう1つは、考え事ではなく、実務的にすること、仕事。
プレイヤーとしてやることによって、会社に結果をもたらす。
いろんなことをしていくのですが、じゃあ、実務的に何をしているかというと、いろんなことをしているわけです。

よく社長、経営者は、CEOと呼ばれますが、これは“Chief Exective Officer”と正確には言います。
実体の意味は、“Chief Everything Officer”なんですね。
つまり、何のことか、全てのことの代表である、実務者である。

経理のことも分からないとけいないし、
財務も分からないといけない
人事も分からないといけない
採用も、評価制度も分からないといけない
営業においても、商品開発においても、マーケティングにおいても分かっていないといけないわけです。

例えば、資金の調達、物の調達、商品開発の中の細かなデザインであったり、パッケージだとか、あと顧客対応やクレーム、社員からの悩み相談だったり、Chief Everything Officerですから、やらないといけない。

ですから、実態は全部やっているからなかなか見えないと思いますが、何かの参考になればと思います。

マーケティングの全てを語ります。
http://www.seminars.jp/mb/ws/lp/bt/index.html