幼稚園教諭になるための資格とは

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状を取得しなければなりません。この資格は専門学校や短大、4年制大学で取得できます。

大学で免許を取得して、幼稚園教諭として働くメリット

no.1

卒業と同時に幼稚園教諭の免許を取得できる

幼稚園教諭の免許を卒業と同時に取得できるようになっている学部や学科が用意されている大学が多いです。

no.2

幼稚園教諭の免許だけではなく大学卒業資格も得られる

大学であれば、幼稚園教諭の免許を取得できるだけではなく大学卒業資格も取得できます。

no.3

専門学校卒業と比較して大卒は給与面で優遇される場合がある

幼稚園教諭の免許は専門学校で取得することもできます。しかし、大学卒業のほうが基本給が高くなる傾向があります。

no.4

場合によって大学院への編入も可能

大学でしたら、さらに学びたい分野などができた場合には大学院や他の大学に編入することも可能です。

no.5

大学は期間が長く一般教養も学べる

大学でしたら、長期間に渡って学ぶことができる上に幼稚園教諭に関する知識以外の一般教養も学べます。

園児と先生

資格取得を目指す

幼稚園教諭の資格を取得するために大学に進学をする、という人もいるでしょう。保育士とは異なるので、資格も当然変わってきます。幼児教育を専攻することによって、資格取得を目指すことも可能となります。資格取得のための勉強が出来る大学はかなり限られてくるので、事前に確認をしておくとよいでしょう。保育士とは違う、ということを理解していない人もいるので、どんな資格が必要なのかということはしっかりとチェックをしておくべきでしょう。4年制ではなく短大でも資格取得は可能です。しかし大学に進学をすることによって、幼稚園教諭と保育士の両方の資格取得も可能となっている場合もあるので、大学の特徴を知っておくのもよいでしょう。特に保育士の場合には認可、無認可だけではなく一時預かりなどの施設でも仕事をすることができるので様々な場所で活躍できます。

資格対策を行う

幼稚園教諭になるための大学選びは数も少ないということがあるので、難関になるかもしれません。募集人数が少ないという場合もあるので、受験者数が多い場合にはハードルも高くなるでしょう。資格試験に合格するための講義を行っている大学もあります。対策をしっかりと行ってくれれば、ご確率もアップするでしょう。また短大とは異なり、時間をかけて勉強をすることができるので、実習を多く取り入れていることもあります。付属の幼稚園がある大学であれば、実習も行いやすいというメリットがあります。実習を多く経験することによって、課題も見えてきますし、実践の場でも役立つキャリアを積むことができるでしょう。短大の場合には実習をそんなに多く経験することができないという可能性が高いので、実践の場で即戦力になるような経験を積みたいと考えているのであれば、4年制のほうがよいでしょう。

広告募集中